« 新日本石油/ジャパンエナジー、業務提携に関する基本協定締結 | トップページ | 薬害C型肝炎訴訟判決 »

2006年6月27日 (火)

石油業界の状況

昨日の記事に関連して、日本の石油業界の状況をまとめた。

各社の現在の常圧蒸留能力は以下の通り。(単位:千B/D)

グループ 会社名 製油所 能力 備考
出光興産 出光興産 北海道  140  
千葉  220  
愛知  160  
兵庫    0 2003/4停止(80)
徳山  120  
沖縄石油精製 沖縄    0 2004年停止(110)
合計  640  
新日本石油  新日本石油精製 室蘭  180  
仙台  145 (旧 三菱石油)
根岸  340  
水島  250 (旧 三菱石油)
大阪  115 (旧 興亜石油)
麻里布  127 (旧 興亜石油)
日本海石油 富山   60 66%
和歌山石油精製 海南   0 2001/4停止(50)
合計 1,217  
コスモ石油  コスモ石油  千葉  240 (旧 丸善石油)
四日市  155 (旧 大協石油)
  80 (旧 丸善石油)
坂出  120 (旧 アジア石油)
合計  595  
ジャパン
エナジー
 
ジャパンエナジー 知多    0 2001/6停止(100)
水島  205  
鹿島石油 鹿島  200 70.675%(三菱化学19.875%ほか)
合計  405  
昭和シェル石油 昭和四日市石油 四日市  210 75%
東亜石油 京浜  185 50.1%
水江 65 + 扇町120
西部石油 山口  120 38%(宇部興産11%ほか)
合計  515  
エクソンモービル 東燃ゼネラル石油 川崎  335  
 156  
和歌山  170  
極東石油工業 千葉  175 50%(三井石油50%)
南西石油 西原  100 87.5%(住商12.5%)
合計  936  
その他 富士石油 袖ヶ浦  192
九州石油 大分  155 新日石10%/新日鐵36%/昭電・丸紅ほか
東邦石油 尾鷲   35 出光興産33.3%(中部電力、三菱商事)
太陽石油 四国  102  
帝石トッピングプラント 頚城   4 帝国石油100%
合計 4,496  

*富士石油はアラビア石油と統合、AOCホールディングスを設立
   富士石油に25%出資していたジャパンエナジーは持株を売却

Oilshare

提携関係

新日石/出光:
 出光が2003年に兵庫製油所、2004年に沖縄石油精製の製油所を停止するのに伴い、新日石がそれまでの物流部門提携に加え、精製委託方式で4万B/D相当の製品供給を行う。

新日石/コスモ:
 販売を除く提携(仕入れ、精製、物流、潤滑油の4部門)
  仕入れでは原油調達や製品輸入の共同化、タンカーの共同配船、備蓄基地の相互利用
  石油精製では受委託精製や製油所の統廃合の検討など
  物流面では油槽所の共同利用や統廃合などを検討

ジャパンエナジー/昭和シェル石油:
 最適化操業のための相互融通取引の拡大、両社グループ製油所設備の精製能力の適正化等

|

« 新日本石油/ジャパンエナジー、業務提携に関する基本協定締結 | トップページ | 薬害C型肝炎訴訟判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新日本石油/ジャパンエナジー、業務提携に関する基本協定締結 | トップページ | 薬害C型肝炎訴訟判決 »