« 湾岸諸国の石油化学ー3 アラブ首長国連邦(UAE) | トップページ | インドのエチレン計画 »

2006年6月 3日 (土)

湾岸諸国の石油化学ー4 オマーン

Oman Oman Oil Company (OOC) は1992年に政府100%出資で設立された。
PP計画と芳香族計画、EDC計画には韓国のLGが参加している。エチレンとPE計画にはダウが参加する。

Oman Polypropylene LLC

 立地:Sohar
 株主:Oman Oil  60%
    
Gulf Investment Corporation 20% 
     LG International Corp. 20%

 製品:PP 340千トン
 生産開始:2006
年3Q

 同社は最初、OOCが60%、LGが20%、ABB Lummus20%出資で計画されたが、Lummus が離脱してOOC80%となった。
 
2004年にOOCGulf Investment Corporation 20%分を譲渡した。
 
Gulf Investment Corporation 1983年に湾岸6カ国政府の均等出資で設立された民間事業促進のための会社。

Oman Aromatics

 立地:Sohar
 株主:Oman Oil Co. 60%
     Oman Refinery 20%
     LG International Corp. 20%  

 製品:Benzene 210千トン
     Paraxylene 810千トン

 原料供給:new Sohar oil refinery 74,260 b/d residue fluid catalytic cracker

 販売:LGは20%の引取権を持ち、アジアで販売する。
     残り80%はOOCが2005年にオランダの商社Vitol と設立したJV、
OOC-Vitol が販売する。


エチレン、PE計画Oman Petrochemical Industries Company (OPIC)

この計画は当初、BPとのJVとして計画された。エチレンとPE、各45万トンをSohar に建設しようというもので、BPが49%、OOCが11%出資し、残り40%は民間資本を集めるという案であったが、1999年にBPが原料が十分でないという理由で撤退した。

2004年7月にオマーン政府とダウは本計画のためのJV設立で合意した。

 立地:Sohar Fahoud
 株主:Dow 50%
     オマーン政府 25%
     オマーン石油 25%

 計画:エタンクラッカー、PE World-scale 3系列
     2009年完成予定


Oman Methanol Company L.L.C

 立地:Sohar
 株主:
Methanol Holdings (Trinidad) Limited
     MAN Ferrostaal AG (ドイツ)
    Oman Methanol Holding Company
 製品:メタノール 3,000トン/日
 販売先:全量 Vitol Holdings (オランダ)
 設計業務:東洋エンジニアリング
 稼動:2007年


EDC計画

 立地:Sohar
 株主
LG International 33.3%(当初案 40%
    
Oman Oil Co 33.3%(当初案 60%
     Iran NPC    33.3%

 製品:EDC 300千トン

     chloralkal 240千トン

 2004年にイランのNPCの参加が決まった。
 2008年稼動の予定。


肥料計画

Oman India Fertilizer Company Omifco
 
 立地:Sur
 株主:Oman Oil Company 50%
     Rashtriya Chemicals & Fertilizers (India)  25%
     Krishak Bharti Co-operative (India) 25%
 製品:Ammonia 1,750トン/日 x 2系列
     Urea   2,530トン/日 x 2系列

②Sohar International Urea and Chemical Industries

 立地:Sur
 株主:Sheikh Suhail Salem Bahwan

 製品:Ammonia 2,000トン/日
     Urea   3,500トン/日
 建設:
三菱重工業

③その他、Oman Oil とパキスタンのEngro Chemical とのJV、Oman Oil とインド政府、オマーン政府とのJV計画がある。

NPC/OCC JV

2005年にイランのNPCとオマーンのOCCは4つの新しいJV設立の覚書を締結した。NPCは上記の通り、EDC計画に参加している。

①メタノール 165万トン(イランAssaluyeh
②アンモニア
/尿素 107万トン(同上)
③PVC 40万トン(オマーン)
④EDC増設 20万トン(オマーン、上記PVC用)


青島麗東化学

Oman Oil 2005年に韓国のGSグループの中国子会社、青島麗東化学工業(Qingdao Lidong Chemical)の30%を取得した。
現在の出資はGSが60%、OOCが30%、Red Star Chemical Group が10%。

GSは2004年に旧LGから分離したもので、化学関連ではLG-Caltex(現在はGS-Caltex)がある。
青島麗東化学はパラキシレン 70万トン、ベンゼン 25万トン、トルエン 15万トン、ラフィネート 113千トンをもつ。

 

|

« 湾岸諸国の石油化学ー3 アラブ首長国連邦(UAE) | トップページ | インドのエチレン計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湾岸諸国の石油化学ー3 アラブ首長国連邦(UAE) | トップページ | インドのエチレン計画 »