« 事業買収で急成長した化学会社 | トップページ | 欧州エチレンパイプライン (ARG) »

2006年6月15日 (木)

Basellの買収

2005年にBASFとShellは50/50のポリオレフィンJV・Basell をAccess Industries に売却した。

Basellの設立経緯は4月19日の記事に記載の同社変遷図参照。
Shell 100%となったHimont(PP+PE)、BASF/ShellのElennac (PE), BASF 100%のTagor (PP)が2000年に統合し、BASF/Shellの50/50JVとして設立された。
昨年時点で
Basell は世界の21カ国に生産拠点をもち、120カ国以上で販売を行い、従業員は6600、売上高は67ユーロであった。

2004729日にBASFとShell Basellに関する戦略を同社株の売却を含め再検討していると発表した。
BASFは
Shellとのポリオレフィン事業の統合は大成功で、今や業界のリーダーになったので、次ぎの手を考えるよい時期であるとし、BASFとしてはスチレン系、機能性ポリマー、ポリウレタンや関連製品に注力したいと述べた。シェルも同様に、株主価値を高めるための戦略案を考えたいとした。同社は石油製品と化学品のシナジーを高め、欧州と北米のコア製品を強化し、かつアジアと中東での成長を図りたいとした。

これを受け、多くの化学会社や投資会社が買収に向けて動き出した。
化学会社も買収している米国投資グループのBlackstone
Apolloの連合にBain Capital とGoldman Sachs Capital Partners が加わって一大買収ファンドコンソーシアムを作り、最有力と報道された。

イランのNPC(National Petrochemical Company )も手を上げた。アメリカ政府の反対を予想してルイジアナ州の工場は買収から除くという約束までしたが、それでは不十分であった。
米国国務省は「米国は
Basellの技術が悪用されるのを懸念しており、もしイランが買収した場合、イランに対する制裁措置で米国企業が取引が出来なくなるおそれがある」と述べ、BASFとShellに懸念を表明したことを明らかにした。
NPCはBASFとShellの条件は満たしていたが、両社から非公式に売却できないと伝えられた。

2005年5月5日、BASFとShellはBasell をニューヨークのAccess Industries とChatterjee Group のコンソーシアムに売却すると発表した。対価は44億ユーロ(借入金込み)であった。

Access Industriesは後述。Chatterjee Group はインドのDr. Purnendu Chatterjeeが米国に設立した投資会社で、インドの Haldia Petrochemicals の大株主。
しかし、その後
Chatterjee Group は本件から撤退し、Access Industries が単独で買収することとなった。

2005年8月1日、BASFとShell は関係当局の手続きも終り、Access Industries の子会社のNell Acquisition へのBasellの売却手続きが完了したと発表した。

Access IndustriesLen Blavatnik が設立し、所有する投資会社である。

Len Blavatnikは本年49歳、ロシアで生まれ、21歳の時に米国に移住し米国籍をとった。ハーバードビジネススクールのMBAを取り、1986年にAccess Industriesを設立した。
その後、ロシアの友人及びロシアの富豪と組んで Tyumen Oil Co. (TNK)
を設立、更にBPとTNKの合弁で2003年にTNK-BP を設立した。
TNK-BP は現在ロシア第二の石油会社で西シベリア、ボルガーウラル地区、東シベリア、樺太等で石油の採掘をしており、ロシアとウクライナに5つの製油所を所有している。

このほか、Len Blavatnik Siberian-Urals Aluminum やカザフスタンの電力会社、アルゼンチンや英国の不動産などに投資している。

2005年のForbes のアメリカの富豪番付で、純資産35億ドルで第61位となっている。

ーーーー

速報 バイエル、ドイツのシェーリングを買収

2006/6/12「2つの買収劇」 でバイエルのTOB期間中にメルクがシェーリング株を購入していることが判明したと書いた。

この後、バイエルはTOBを続けるが、それ以外でも購入することを明らかにし、仮にTOB外の購入価格がTOB価格より高い場合にはTOBでの購入にもこれを適用するとした。

14日、バイエルとメルクは、メルクがこれまで購入したシェーリングの株式(21.8%)をバイエルに売却することで合意したと発表した。これにより、バイエルによるシェーリングの買収が決定する。

今回の合意は両社首脳の話し合いで決まったもので、メルクは全所有株を1株89ユーロでバイエルに譲渡する。バイエルのTOBに応じた株主は1株3ユーロの値上げを享受することとなった。
メルクはこの取引により4億ユーロの売却益を得た。またバイエルとメルクは今後協力関係を強化できないか検討する。

|

« 事業買収で急成長した化学会社 | トップページ | 欧州エチレンパイプライン (ARG) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事業買収で急成長した化学会社 | トップページ | 欧州エチレンパイプライン (ARG) »