« 世界一の塩ビ会社 信越化学(修正) | トップページ | 湾岸諸国の石油化学ー2 カタール »

2006年5月31日 (水)

湾岸諸国の石油化学ー1 クウェート&バーレーン

Gulfmap これまでイラン、イラク、サウジアラビアの石油化学について述べたが、他の湾岸諸国もそれぞれ石油化学事業を行っている。

クウェート

クウェートの石油化学を担当するPIC (Petrochemical Industries Company K.S.C ) は1963年に国営会社として設立され、1980年のクウェート国営石油(KPC) 設立で同社の子会社となった。石化基地はShuaiba Industrial Area につくられた。Kuwait

PICは以前は肥料を中心事業としていたが、ダウ(当時はUCC)と提携して石油化学を始めた。

1995年にダウ(当時のUCC)が45%、PICが45%出資のJV、Equate Petrochemical Company を設立した。残りの10%は民間資本のBoubyan Petrochemicals(PICが10%出資)が出資した。
その後、同じくPICが10%出資し、残りを民間資本の投資会社
Qurain Petrochemical を設立し、現在の出資比率は下記の通り。

 出資:ダウ 42.5%
     PIC 
42.5%
     Boubyan 9%
     Qurainga 6%

 能力:エチレン 80万トン(当初65万トン)
     LL/HDPE 40万トン(当初30万トン)

     PP10万トン(12万トンに増設中) 
           PICが所有し、Equateが操業を受託

PICとダウは2007年稼動予定で第2期計画Equate II)を実施している。これはエチレン・PE・EGと芳香族、SMの3つの会社に分かれる。

(1)Kuwait Olefins Company

 出資:Equateと同じ

 能力:エチレン 85万トン
     PE 30万トン
     EG 60万トン

(2)Kuwait Aromatics Company

 出資:PIC 80%
     Qurain Petrochemicals 20%
 製品:ベンゼン、パラキシレン

(3)The Kuwaiti Styrene Company

 出資:Dow 42.5
%
    
Kuwait Aromatics Company 57.5%
 能力:EB 50万トン
     SM 
45万トン

ダウは1980年にサウジでSABICとのエチレン、EGのJV、PETROKEMYAを設立しながら1982年に撤退した歴史をもつが、ここでは力を入れており、上記のJVのほかに2004年にPICと2つの海外JV(いずれも50/50)を設立した。

(1)MEGlobal 
 事業はMEG、DEGの製造販売で、ロンドンに本社を置き、世界中で販売する。ダウのカナダの2工場を移管した。

(2)Equipolymers 
 事業はPET樹脂の製造販売とPTAの製造。チューリッヒに本社を置き、イタリアのPETとPTA工場、ドイツの
SchkopauのPET工場を移管するとともに、SchkopauでPETの増設中。完成後のPET能力は434千トンとなる。

ダウはこれとは別にオマーンでエチレン、PE計画への参加を決めている。

なお、クウェート国営石油(KPC) は昨年末に、シノペックBP、ロイヤル・ダッチ・シェルとの合弁で、中国広東省に製油所を建設することで合意した。

このほか、PICは下記の国際JVに出資している。

ーーーー

バーレーン

1979年にGulf Petrochemical Industries Company を設立した。

 立地:Sitra
 株主:バーレーン政府 1/3
     SABIC(サウジ) 1/3
     PIC (クウェート) 1/3

 製品:アンモニア 1,200トン/日(当初 1,000トン/日)
     メタノール  1,200トン/日(当初 1,000トン/日)
     尿素     1,700トン/日(当初はなし)

|

« 世界一の塩ビ会社 信越化学(修正) | トップページ | 湾岸諸国の石油化学ー2 カタール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界一の塩ビ会社 信越化学(修正) | トップページ | 湾岸諸国の石油化学ー2 カタール »