« 中国の石化製品の需給予想 | トップページ | 中国のエチレン合弁会社ー1 »

2006年4月 5日 (水)

日本のVCMの問題点

経済産業省は3月16日、2005年末時点の主要石油化学製品の生産能力調査結果を発表した。

主要石油化学製品生産能力 単位:千トン/年)

製 品 名 04/12月末 05/12月末

エチレン

7,232

7,232

LDPE
 (うちLLDPE)

2,329
(1,044)

2,326
(1,041)

HDPE

1,286

1,286

PP

3,090

3,148

EO

944

953

SM

3,320

3,310

PS(GP,HI)

1,016

1,016

VCM

3,042

3,484

PVC

2,340

2,340

AA

430

429

ANM

777

718

合成ゴム
(ソリッド)

SBR

602

602

B R

285

285

I R

97

81

MMAモノマー

547

547

※各設備とも定修を実施する場合の年間生産能力

石油化学製品で前年末より能力が増加したのはPP、EO、VCMの3品目だけで、特にVCMの増加が目立つ。
東ソーが397千トン、ヴイテックが44千トン増加している。

ヴイテックは三菱化学・水島工場の5万トン(35万→40万トン)の手直し増設だが、東ソーは南陽事業所に40万トンを新設したものである。同社では更にこれを60万トンに引き上げる。

2005年の日本のVCM需給をみると、能力は年末に3,484千トンに増加している。Vcmcapademand
それに対して国内PVC用その他は1,479千トンと増加後能力の42%に過ぎない。輸出PVC向けが714千トン、VCM輸出が652千トンと、輸出用が1,366千トンを占めている。(添付グラフ参照)

昨日の記事の中国の状況をみると、PVC、VCMともに今後の大量の輸出は期待できず、大減産の可能性も考えられ、エチレンへの影響も大きい。

Vinylisochain2東ソーはビニル・イソシアネート・チェーンの拡大戦略をとっている。
ビニルチェーンから、イソシアネートの原料である塩素、苛性ソーダ、及びユーティリティを日本ポリウレタン工業に供給、同社で副生される塩酸は当社の塩ビモノマー原料として回収・利用する。

図は東ソー発表資料だが、第2期増強計画として510億円を投じて、自家発電、電解を増強し、VCMを合計148万トンに、PVCを海外子会社を含めて117万トンにする。
なお、この後、VCMを60万トンにするとともに、アニリンを倍増して30万トンに、日本ポリウレタンのMDIを倍増して40万トンにすることを決めた。(日本経済新聞 2006/4/4)

CMについては、「中国・広州市のPVC新工場建設やフィリピンのフィリピン・レジンズ・インダストリーズの増設計画など、グループ内PVC新増設プラントへの原料VCMの全量供給を図るとともに、中国、東南アジア等のPVC増強計画進展に伴うVCM需要の伸びに対応した外販を実施」するためのもの。(東ソー発表から)

数年前には中国のPVC需要は伸びるとともに、環境上問題のあるカーバイド・アセチレン法は禁止されるとみられていた。
中国のPVC能力が需要以上に伸びた上、全能力の約70%がカーバイド法となったのは全くの誤算であったのであろう。中国でPVCが余剰となると東南アジア等のPVC増強計画も怪しくなる。

しかしながら、PVCの国内需要の増大を期待してなら別だが、いかに「自家発電、港湾設備といった強力なインフラがある」といえ、日本でナフサと工業塩を輸入し、生産した製品全て(VCM・PVCと苛性ソーダ)を輸出するという構想が、そもそも正解であったのであろうか。

-------------------

本ブログの2-3月のバックナンバーを以下に見易くまとめました。

http://f56.aaa.livedoor.jp/~knak/blog/zenpan-1.htm

都合によりアドレスを変更しました。

http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm

 

|

« 中国の石化製品の需給予想 | トップページ | 中国のエチレン合弁会社ー1 »

コメント

中国PVC供給は、カ-バイド法により、供給過剰になって、東ソ-の思惑とは大分ずれてきているのでしょうね。Luckyさんもコメントしてましたが、賭け、に近いものがありそうですね。ただ、自分たちの強みを生かすしかない、南陽のインフラ、ビニルチェ-ン、を強化するしかない、との判断でしょう。VCMなどを輸出??アジアPVCの市場での競争は、先行き、ちょっと心配です。国内内需の拡大は、どこまで期待できるでしょうか?
日本最大のC2のバイヤ-、Good Luck !

投稿: ヘッドコ-チ | 2006年4月 5日 (水) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国の石化製品の需給予想 | トップページ | 中国のエチレン合弁会社ー1 »